エミリーが忘れた日

12pt   2019-06-12 00:20
プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!-アイマスSSまとめ

1: ◆AsngP.wJbI 2019/06/10(月) 20:03:08.99 ID:9pdDfgPfo
 
第一報を受けたのはその日の午後6時のことだった。

リハーサル中、ステージで事故があったらしい。
──エミリー・スチュアートが足を滑らせ転んだと。

そのときの俺は別の営業でどうしても劇場から離れなければいけなかったので、その日の公演を他のスタッフや先輩アイドルたちに任せっきりにする予定だった。
そのせいか、事故は昼間に起こったものの現場は一時対応でてんやわんやしており、こちらへの報告が遅れたと、音無さんから謝罪を受けた。
大丈夫です、連絡ありがとうございます、と冷静に返事をしている間は「らしからん」程度にしか思っていなかった。
エミリーは基本的には落ち着き払った女の子だ。あまり無茶をしてケガをするような危ない場面を見かけたことがない。
捻挫や打撲だとしたら公演のスケジュールに影響するかもなと、そのくらいにしか考えていなかった。

だが能天気に捉えていたのも束の間、電話越しの音無さんから詳しく事情を知れば知るほど心に不安が渦巻き始める。

彼女は頭を打って病院に運ばれたのだ。





2: ◆AsngP.wJbI 2019/06/10(月) 20:05:07.97 ID:9pdDfgPfo
 
午後7時半にその病院へ駆けつけたとき、エミリーは診察室のベッドに座り込んでじっとしながら、医者の先生と看護師さんの会話を眺めていた。
いつものツインテールを解いたきらびやかな金髪を不揃いに横切る包帯が痛々しく映るも、当の彼女は心ここにあらずといった態度でただそこにいた。
医者の先生の話によると、エミリーは転んだ際に側頭部を強く打ち、そのまま数分間意識を失っていたとのことだ。
すぐさまこの病院へ連れてきて念のため一通りの検査を行ったものの、一応、脳に異常は見つからなかったらしい。
そこまで聞いてから俺はようやく胸を撫で下ろした。

「ただし、外的ショックによる健忘の兆候も見られます。よく話をされたほうが」
「健忘? それって記憶喪失ってことですか?」
「いえ、そこまでの大げさなことではありません。 まず、転んだ前後の記憶はないはずです。 
 これは頭を打てばよくあることなので仕方ないのですが……他にも、忘れたり思い出せなかったりすることがあるかもしれないということです」
「はぁ……」

ドラマや漫画でこういう状況を目にした事はあるものの、実際に当事者でないとはいえ、自分がその場に立つと全く実感も湧かないものである。
改めて目をやると、ベッドに座って黙ったままのエミリーはさきほどからずうっと口を固く結んで黙り込んだままこちらを見つめている。
よくみると両目にうっすらと涙も浮かべていた。

3: ◆AsngP.wJbI 2019/06/10(月) 20:06:27.55 ID:9pdDfgPfo
 
「エミリー、すまなかった。 俺が劇場にいて監督できていれば防げたかもしれないのに……」

しゃがみ込んで彼女に目線を合わせ、ゆっくり話しかけていく。
彼女は俺の目を見つめながら、ブンブンと首を横に振った。

「先生がもう大丈夫だって。 ほら、今日の所は帰ろう」

手を差し出してみるも、彼女は頑なにそこを動こうとせず、ただただ首を振り続けていた。

「仕事のことは心配するな、大事を取ってしばらく休みにするから……エミリー?」

ここでようやく、さすがに様子がおかしいことに気がついた。
エミリーはひたすらに、こちらに何かを訴えるような目つきを変えなかった。
はっきりと、その奥に恐怖とかおびえじみた感情が映り込んでいる。

「あの……彼女、話せるんですか?」
「何ですって?」

先生が横から挟んだ言葉がすぐには理解できず──それを飲み込んで、まさか、と背筋が凍る。

「……エミリー? 何があったんだ? 教えてくれ! エミリー!?」

思わず細い両腕を掴み食ってかかると、彼女は体を強張らせうずくまる。しまった、と離れた瞬間、ようやくエミリーは絞り出すように声を発した。
ボロボロに弱りきった、掠れるような声で、俺の想像を絶する一言を。

4: ◆AsngP.wJbI 2019/06/10(月) 20:08:04.11 ID:9pdDfgPfo
 



「I... I apologize for causing you concern, but... I... I...」

そのまま両手で顔を覆い静かに泣き出したその少女に、何と声をかければ良かったのか。

「……エミリー、どうしたんだ……?」

それに対する反応はなく、彼女はそのまま何十分も肩を震わせ続けていた。




結論から話すと、
エミリー・スチュアートは日本語を忘れてしまったのだ。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=7493953&name
   アイマス総合あんてなトップページへ
アイドルマスターシリーズの話題が沢山。